プロミスの特徴と利用方法

ATM三井住友銀行グループが運営するキャッシングサービス「プロミス」では、初めて利用する人に限り、融資から1カ月間は無利息で融資を受けることが可能です。キャッシング、カードローンを初めて利用する人にとってはとてもお得な条件が整っていると言えるでしょう。プロミスの特徴はこの他にも、融資までのスピードが速い点が挙げられます。

プロミスの融資はカードを用いてATMを操作して融資を受けるという方法と、銀行口座へと直接振り込んでもらうという方法、窓口にて直接融資を受けるという方法の3種類となります。注目したいのは振り込みによる融資で、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っていれば、申し込み受け付け完了から数十秒で振り込んでもらうことが可能です。すぐに現金が必要といった場合に活用できるキャッシングサービスと言えます。

プロミスでは、契約をインターネット上で完結させることが可能となっています。サイト上から必要情報を入力して送信、情報に基づいて審査が行われ、結果はメールや電話にて行われます。審査が通ったら実際の契約へと移り、カードが不要な場合にはその旨を伝えれば送られず、振り込みによる融資サービスのみ利用可能となります。基本的にカードは契約後に郵送されることになりますので注意してください。カードローンとしてコンビニにて利用したいという場合には、カードを発行してもらう必要があります。


ノーローンの特徴と利用方法

スケジュール新生銀行グループが運営しているカードローン「ノーローン」では、キャッシングの翌日から1週間は金利がゼロです。また、返済後に再び融資してもらった場合でも同じく1週間は無利息になるという魅力的な特徴を持っています。無利息期間が過ぎると、本来の金利が発生しますので、急な出費にはおすすめのカードローンと言えます。

例えば給料日まで残り数日、なんとか急場を凌ぐために現金が必要といった場合には、一度融資を受け、給料日に借りた分だけ返済すれば無利息での利用が可能です。本来の金利は4.9%から18%となっていますが、すぐに返済できれば0%ですので、使い方によっては他のカードローンよりも圧倒的に安く済ませられます。

ノーローンの利用手順は、従来のカードローンと同じです。まずはインターネット上から審査の申し込みを行い、必要書類等の情報に基づいて審査が行われます。審査が通るとカードが自宅に郵送され、カードをコンビニに設置されているATMに挿入して実際に融資を受けるという流れとなります。利用できるATMについては、大手コンビニチェーンに設置されているものならば提携が結ばれているので利用可能です。返済についてはATMから入金か、銀行口座から自動引き落としか、口座振替による返済が可能となっています。

◆参考◆
消費者金融_ノーローン


無利息カードローンサービスの活用

電話低金利を追究するのならば、カードローン会社が行っているキャンペーンに注目してみるのも一つの手です。大手のカードローンでは、キャンペーンとして条件付きの無利息ローンが提供されていることがあります。新生銀行グループが提供しているノーローンでは、借り入れ時から1週間が無利息ですし、三井住友銀行グループのプロミスでも初めての利用時には1カ月間の無利息期間が付いています。このように無利息期間を設けているカードローンも多数ありますので、初めて融資を受けるという人は特に覚えておくと良いでしょう

一定期間の無利息キャンペーン以外にも、利用者にお得なサービスは充実してきています。例えばATMの利用手数料が無料とされていたり、繰り上げ返済時の手数料が無料とされていたり、振り込み手数料が無料といった特典などなど、お得なシステムになっているカードローンが続々と登場しています。より使いやすく、より低負担でカードローンを利用できる環境が整ってきていると言えます。どのカードローンにも無料特典や使い勝手の良さといった特色がありますので、融資を受ける前のローン選びの段階から、それぞれの特徴に着目して選んでみてください。


カードローン選びの基本は金利

カードローンサービスが充実してきている昨今ですが、あまりに種類が豊富なために、どのサービスを選ぶのが良いのか迷ってしまいがちです。そんな時には金利の安さでサービスを選ぶのが基本となります。安く融資を受けられるのならば、それに越したことはありませんので、金利で選ぶことは当然の判断です。

女性カードローンは銀行系と消費者金融系の2種類に分けられ、それぞれで目安となる金利は異なります。金利だけを見るのならば、銀行系のサービスが優れています。銀行系カードローンの金利はおよそ15%前後となっているのに対し、消費者金融系カードローンはおよそ18%前後と、その差は3%となります。数字だけを見るとそこまで大差は無いようにも思えますが、この3%の差は融資を受ける金額によっては大きな影響を及ぼすことになりますので注意が必要です。このような金利の差があるため、金利だけで選ぶのならば銀行系が良いということになるわけですが、実は消費者金融系にも利点はあります。消費者金融系の利点は、契約から融資までがスムーズに行えるという点と、融資の審査が通りやすいという点です。あくまで基本は金利で選ぶべきではありますが、使い勝手の良さという点も考慮すると、消費者金融系を選ぶのも良いでしょう。ご希望に合わせてサービスを選んでみてください。

当サイトでは、カードローンをより安く、より上手に活用するためのコツをご紹介していきます。各社が提供している無利息キャンペーンについて見ていきましょう。